読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学校では教えてくれない医学知識

なぜ学校では病気に関する授業がないのでしょうか?みなさんが遭遇する病気について患者目線で解説します。正しい知識を持って健康に暮らしましょう。

第3回 ピロリ菌

みなさんこんにちは、Dr.Kreuzです。

本日のお話は、ピロリ菌です。

みなさんも名前は聞いたことがあるかと思いますが、正式な名称は、ヘリコバクター・ピロリHelicobactor pylori)といいます。

1983年にオーストラリアのロビン・ウォレンとバリー・マーシャルによって発見されました。2005年にこの2人はノーベル生理・医学賞と受賞しています。つい最近の話です。

 

本日のお話の要点は3つ

① ピロリ菌について

② なぜピロリ菌はよくないのか?

③ ピロリ菌に感染していたら?

です。

 

【ピロリ菌について】

<感染率>

現在日本人の約3人に1人がピロリ菌に感染していると言われています(Helicobacter 2014; 19:105-110)。若年者での感染率は環境衛生の改善に伴い低下傾向ですが、高齢者では多くの人が感染しています。

 

<感染経路>

正確な感染経路は不明ですが、経口感染による説が有力です。保菌している親から離乳食の口移しや、ピロリ菌に汚染された水や食品の摂取などが考えられています。

 

【なぜピロリ菌はよくないのか?】

ピロリ菌は胃にとってよくない物質などを産生するため、長年に渡り胃粘膜などが傷害を受けます。そのため、慢性胃炎胃潰瘍(十二指腸潰瘍)、胃癌いとった病気になります。

2016年のピロリ菌のガイドラインでは、ピロリ菌が関連すると思われる疾患は、上記の他にも、胃MALTリンパ腫、特発性血小板減少性紫斑病(ITP)、機能性ディスペプシア、胃食道逆流症などがあります。

パーキンソン病アルツハイマー病、糖尿病なども関連性が疑われています。

現在では、胃癌のほとんどはピロリ菌が原因と言われています。すべての人が癌になるわけではありませんが、感染していない人にくらべて癌になるリスクは高くなります。

 

【ピロリ菌に感染したら】

まず、ピロリ菌に感染しているかどうかを調べる方法ですが、現在用いらている方法は、①特殊な薬剤を内服して、その後に息を吐いて調べる方法、②血液の中になるピロリ菌の抗体の値を調べる方法、③尿や便の中のピロリ菌の抗原を調べる方法、があります。それぞれ特徴はありますが、現在では健康診断でもオプションでありますので、気になる方は調べられるといいと思います。病院で検査する場合は、内視鏡検査とセットになりますので、特に症状がない場合は健康診断などでの検査をお勧めします。

 

検査でピロリ菌感染が判明した場合には、ピロリ菌を退治する薬を飲みます。

2種類の抗菌薬と1種類の胃薬を1日2回、1週間内服します。

治療が終了した後、1〜2ヶ月開けて、治療がうまくいったか確認を行います。

1回でうまく治療できる可能性は、よくても80〜90%ですので、残念ながらうまくいかなかった人は、少し薬を変更してもう一度チャレンジすることになります。

 

また、治療がうまくいっても、数年間は年1回程度は、胃カメラでの検査が勧められています。(癌ができることがあるため)

 

以上、本日のピロリ菌の話でした。

 

 

 

郵送検査キット ピロリ菌検査 (胃検査)

郵送検査キット ピロリ菌検査 (胃検査)

 

 

 

 

 

広告を非表示にする